研究会会則

第1章 総 則

第1条(名称)

本会はアクリジンオレンジ治療研究会と称する。英文名称は、Acridine Orange Therapy Conference (AOTC)とする。

第2条(事務局)

本会の事務局は、下記とする。

京都府立医科大学大学院 医学研究科 細胞生理学
アクリジンオレンジ治療研究会事務局
〒602-8566 京都市上京区河原町通り広小路梶井町465
TEL 075-251-5311  FAX 075-251-0295

なお、本会の事務担当は、下記とする。
株式会社アクリオージュ

第3条(目的)

本会は、アクリジンオレンジ及びその化合物を用いた疾病治療法・手技(アクリジンオレンジ治療法)に関する臨床研究およびそれらの多種多様な生物活性を利用した基礎研究の情報交換の場とし、各種の疾病に関する有効な治療法の確立をめざし、患者の生活の質(QOL)の向上を図るとともに医学の進歩に貢献することを目的とする。

第4条(事業)

本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

  1. 本会は年1回の研究会を開き情報交換をおこなう。
  2. アクリジンオレンジ治療に関する研究資料の収集、他学会、研究会との知識の交流、研修会などの学術活動を行う。
  3. アクリジンオレンジ治療を用いた各種の疾病に対する臨床研究を支援する。
  4. その他、本会の目的を達成するために必要な活動を行う。

第2章 会 員

第5条(種類)

  1. 本会の会員は、個人会員、賛助会員の二種とする。
    1. 1個人会員は、本会の目的に賛同する個人で、所定の会費を負担するものとする。
    2. 2賛助会員は、本会の目的に賛同する団体または個人で、所定の会費を負担するものとする。
  2. 会員となるには、所定の入会申込用紙に必要事項を記入し、会費を添えて事務局に申し込む。
  3. 本会への入会については、世話人代表の承認を必要とする。

第6条(会費)

会費は、年一回払いとし、当分の間次のように定める。

1個人会員
年額 5,000円
2賛助会員
年額(1口)50,000円

第7条(会員の資格喪失)

会員が次に該当する場合には、その資格を喪失する。

  1. 退会したとき。
  2. 被後見の宣告を受けたとき。
  3. 死亡し、若しくは失踪宣告を受け、又は会員である団体が倒産または消滅したとき。
  4. 理由なく2年以上会費を滞納したとき。
  5. 除名されたとき。

第8条(退会)

会員が退会しようとするときは、理由を付して退会届を世話人代表に提出しなければならない。

第9条(除名)

会員が次に該当する場合には、総会の議決を経て、世話人代表が除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。

  1. 本会の定款又は規則に違反したとき。
  2. 本会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

第3章 役 員

第10条(役員)

  1. 本会には下記の役員を置く。
    世話人会
    世話人若干名
    世話人代表 1名(世話人代表会議の議長を兼任する)
    世話人副代表 3〜5名
    監事 2名
    世話人代表会議会
    世話人代表(議長) 1名
    世話人副代表 3〜5名
  2. 世話人は、会員中から選任(但し、自薦を除く)され、世話人会を構成する。任期は2年とし再任を妨げない。
  3. 世話人代表、世話人副代表および監事は、世話人会より選出される。任期は2年とし再任を妨げない。
  4. 世話人代表会議は世話人代表と世話人副代表で構成され、研究会の運営方針を策定する。
  5. 世話人会は世話人代表会議の運営方針を審議し承認する。
  6. 世話人代表は世話人代表会議議長を兼任し、必要に応じて世話人会を召集する。
  7. 世話人副代表は会の運営全般に関して世話人代表を補佐する。
  8. 監事は、財産の状況監査および運営業務の執行状況監査を行うとともに、世話人代表会議に出席して意見を述べることができる。

第4章 運 営

第11条(運営)

  1. 本会の運営は、世話人会の承認を得て世話人代表会議が行う。
  2. 世話人会は、必要に応じて世話人代表が召集する。
  3. 世話人会は、世話人代表・副代表の選出、会計監査、会員の入会、研究会の開催などの重要事項について審議する。
  4. 世話人代表は研究会を主宰する。但し、世話人代表に代わって、世話人会が選任する当番世話人がこれを行うことができるものとする。

第12条(年次報告)

世話人代表は年度末に次の報告を行う。

  1. 事業計画並びに事業報告、収支予算並びに決算
  2. 財産目録(会費、寄付金、その他)
  3. 世話人会で必要と認めた事項
  4. その他の必要事項

第13条(事務)

本会の運営に関する事務的事項の処理は、世話人代表が事務局に委託することができる。

第14条(会計年度)

本会の会計年度は毎年1月1日に始まり、その年の12月末日に終わる。財産は郵便貯金または銀行預金として保管し、事務局が管理する。

付 則

  1. 本会則は世話人の過半数の賛成をもって変更することができる。
  2. 本会則は2009年11月28日より施行する。